みあげてごらん一本の樹を 

アクセスカウンタ

zoom RSS 窓辺にて

<<   作成日時 : 2008/01/03 14:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
漆喰の壁、天井までの採光窓からみえる大きな樺の樹です。
画廊ということもあって 粋な樹の扱いに感心してしまいました。大きな樹を避けて家を
たてる心は、地球環境を想うこころの表れではないでしょうか。わたしは嬉しく思います。
屋敷の周りに樹がはえていることを よく「生い茂っている」と表現します。建設 建築の業者さんと話していると めいわく邪魔者といったニュアンスが色濃く感じられます。設計士の方も
日陰になります。とか木の葉が雨どいに溜まり高い所のメンテナンスが大変だとおっしゃいます。でも所属する会社は ISOの環境対策の認証を取得して リサイクル活動を徹底させています。工事はべつのようです。そこには効率化が支配的で、更地は美しい響きをもって迎え入れられています。施主さんの希望だから、、といってしまえば事足りるようです。地球は大変なことになっているので あなたのお宅だけでも樹木と共に生活してみませんか?そんなライフスタイルの提案が高気密高断熱と肩をならべて提示されてもよさそうな時代になったと想うのですが、、、。あなたは どう思いますでしょうか。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
窓辺にて   みあげてごらん一本の樹を /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる